長寿村の「健康の秘訣」。獣医さんも使ってる『ニカショウ』を紹介しています。

  • HOME >
  • ストーリー >
  • ご家庭に「ニカショウハーブfor pets」が届くまでのお話し(3/3)

ストーリー

ご家庭に「ニカショウハーブfor pets」が届くまでのお話し(3/3)

その3 ニカショウを愛するペットのためにも編

5.ある1本の電話から・・・動物用サプリメント誕生のキッカケ

 ある時、猫を飼われている方から、お電話が・・・

『猫に避妊手術をうけさせようと獣医さんのところへ行ったら、肝機能の数字が悪くって手術を受けられないといわれたんです。それで、いつも自分が飲んでいる「ニカショウサプリメント」を、「もしかしたら猫にもいいかも」と毎日少しづつあげてみたんです。そしたら、2週間後、獣医さんのところへ行ったら数値は全部改善されていて・・・』

 この電話にヒントを得て、日本獣医生命科学大学に相談に行った結果、「ペットにも生活習慣病が増えているので、ペット向きのサプリメントの開発に意義がある」とアドバイスを頂き、動物用サプリメントを開発するに至ったのです。しかしながら、当時は、一般の人がペットにサプリメントを飲ませて、健康維持をしていくという習慣があまりなかったため、獣医師専用として使って頂くこととなったのです。

その後、このサプリメントをお使い頂いた飼い主さんから、

『もう老衰で食事も取れなくなっていたのですが、これを飲む様になってから食欲が回復したんです。その後は、お陰様で、2年も長生きすることができました。(犬:13歳) 』

『歳とともに運動をしなくなり、散歩にも行きたがらなかったのが、もう元気!目の輝きが以前とは比べ物になりません。散歩も大好きになり、毎日走り回っています。 (犬:11歳) 』

といったお喜びの声を数多く頂いて、現在に至っているのです。


6.飼い主さんとペットが、いつまでも元気に過ごすために

 昨今、獣医療が高度化するにつれて、人間社会と同様に、ペットの高齢化が進みました。また、ペットが単なる飼い犬・猫ではなく、パートナー・家族の一員としての役割を担っているのはご存知の通りです。そんな今だからこそ、「ニカショウハーブfor pets」をサプリメントとして、日頃の習慣とし、病気とはいえない段階からの健康維持のために、飲んで頂くことが社会的に意義のあることと考えます。これからも、動物用サプリメントを、獣医さんと協力して、ご家庭にお届けしていきます。

その2へ戻る

ニカショウくん

『ニカショウ』は、獣医師専用のサプリメントもあります。

動物病院(獣医師)のみなさまへ
Story Customer Voice

office

株式会社ビーエルエフ

〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-12-14
日本橋ケーエスビル7階

TEL:03-5623-4775

営業時間 9:00~17:00
(月~金 平日のみ)